明日の経営と暮らしに役立つ農業共済新聞

熊本県熊本地方を震源とする地震で被災された皆さまに、
心よりお見舞い申し上げます。
早期の復旧・復興をお祈りいたします。

農業共済新聞
全国農業共済協会

2016年5月2週号(2016.5.19更新)
獣医師は名コンサルタント “経営の治療”に本領発揮
PHOTO

 「疾病の治療や共済金支払いといった枠を超え、地域の畜産を活性化するのがNOSAI獣医師の役割だ」と、NOSAI連宮崎(宮崎県農業共済組合連合会)生産獣医療センターの有川彰信所長は強調する。宮崎県のNOSAIは、定期的な農場チェックや疾病モニタリング、検診などを駆使し、農家の生産性を向上させる「生産獣医療体制」を構築。2015年度から本格実施している。県内のNOSAI獣医師約90人が、連合会・組合の垣根を越え、「乳牛」「肉用牛肥育」「肉用牛繁殖」「養豚」「ET(受精卵移植)」の5チームに所属。研修会などで知識・技能を磨き、専門性を生かして農家を全面的にサポートする。経営に潜む問題点をプロの目で発見し、農家と二人三脚で徹底的な改善を行う。養豚農家では年間、数千万円単位で収益が向上するなど、大きな成果を上げている。

〈写真:横山さん(右)に乳牛の状態などを説明する上松獣医師(左)と柳祐介獣医師〉

今週のヘッドライン

SSL GMOグローバルサインのサイトシール