明日の経営と暮らしに役立つ農業共済新聞
2019年10月2週号(2019.10.10更新)
地域の農業は俺たちが守る 日吉機械化営農組合(岐阜県瑞浪市)(1面)
PHOTO
〈写真:「地域の発展に向け、レンジャー全員思いは一つだ」と板橋代表(中央)とメンバー〉

 地域の農業は俺たちが守る――岐阜県瑞浪市日吉町と明世町で水稲40ヘクタールや大豆3ヘクタールなどを栽培する農事組合法人日吉機械化営農組合(板橋茂晴代表、51歳、役員3人、従業員3人、パート4人)では、メンバーが「EINOU8レンジャー」と名乗り、中山間地域の農業を盛り上げている。担い手のいない農地を引き受けるほか、田植えや収穫などの作業を受託する。水稲は、主食用から業務用、酒造好適米など約10品種を栽培。農薬や化学肥料を抑えて生産する「ぎふクリーン農業」認定を受けた「コシヒカリ」(10ヘクタール)や「ミルキークイーン」(8ヘクタール)、「ハツシモ」(5ヘクタール)は、米粉やパスタなどに加工する。近年はエゴマを導入し、新たな収益源へと成長させている。

新聞読者の声

 農業共済新聞をご愛読いただいている全国のみなさまから、たくさんのお便りが編集部に寄せられています。その一部をご紹介します。


新聞読者の声

 農業共済新聞をご愛読いただいている全国のみなさまから、たくさんのお便りが編集部に寄せられています。その一部をご紹介します。


〒102-8411 東京都千代田区一番町19番地
TEL 03-3263-6411