明日の経営と暮らしに役立つ農業共済新聞
2019年7月2週号(2019.7.11更新)
畜産経営を支える 東北6県で獣医師確保に連携(1面)
PHOTO
〈写真:「音が腸の動きによるものなのか、たまっているガスなのかを考えて」。新井獣医師(右)のアドバイスにうなずく東山さん〉

 東北6県で構成するNOSAI東北家畜臨床研修センター(略称「NOSAI東北」)の各県NOSAIでは、NOSAI獣医師を目指す獣医学系大学の学生を対象に、就業体験(インターンシップ)を実施している。今年の春夏期は、北海道大学獣医学部獣医学科6年の東山りつ子さんが、NOSAI宮城(宮城県農業共済組合)の獣医師に同行して家畜診療の現場を繰り返し経験。家畜の症状を素早く診断・対処する様子などを間近に見た。「自分も同じように、畜主から信頼される獣医師になれるかという不安と、憧れの気持ちが強くなった」と話し、畜産経営を支えるNOSAI獣医師への思いを新たにしている。

新聞読者の声

 農業共済新聞をご愛読いただいている全国のみなさまから、たくさんのお便りが編集部に寄せられています。その一部をご紹介します。


新聞読者の声

 農業共済新聞をご愛読いただいている全国のみなさまから、たくさんのお便りが編集部に寄せられています。その一部をご紹介します。


〒102-8411 東京都千代田区一番町19番地
TEL 03-3263-6411