明日の経営と暮らしに役立つ農業共済新聞

台風19号をはじめ頻発する災害に被災されました皆さまに、
心よりお見舞い申し上げます。早期の復旧・復興をお祈りいた
します。

農業共済新聞

2019年12月2週号(2019.12.12更新)
スマート農業 実用性の向上に環境整備が急務(1面)
PHOTO
〈写真:実証を行う有限会社アグリベースにいやまの古賀洋一郎取締役。画面には圃場位置が表示される〉

 ロボット農機やドローン(小型無人機)など先端技術を組み合わせたスマート農業が期待され、現場への早期実装を目指した研究が進められている。実証先では人手不足解消などの効果が確認されている一方で、機械操作での難点や通信環境の不足など改善点も見つかっている。技術革新をどうやって農業へ取り入れるか。政府は導入効果への評価や改良の要望など「現場の本音」を反映した技術開発の推進や環境整備を急ぐ必要がある。

新聞読者の声

 農業共済新聞をご愛読いただいている全国のみなさまから、たくさんのお便りが編集部に寄せられています。その一部をご紹介します。


新聞読者の声

 農業共済新聞をご愛読いただいている全国のみなさまから、たくさんのお便りが編集部に寄せられています。その一部をご紹介します。


〒102-8411 東京都千代田区一番町19番地
TEL 03-3263-6411