明日の経営と暮らしに役立つ農業共済新聞
2018年2月2週号(2018.2.15更新)
「青色申告」で築く安心 経営収支を明確に
PHOTO

 今年も確定申告の時期がやってきた。個人経営の農家は原則2月16日~3月15日の期間内に、1年間の所得を最寄りの税務署に報告する必要がある。確定申告には「白色申告」と「青色申告」の二つがあり、近年は農家の間でも企業的な経営の増加などを背景に、税制上の優遇を受けられる青色申告の実施者が増え、現在は約44万経営体に上るとされる。さらに今年から加入申請を受け付ける収入保険制度の加入要件であることから、実施に踏み切る農家も多くなりそう。青色申告に取り組む農家の声とともに、青色申告のメリットや基本的なポイントについて紹介する。
SSL GMOグローバルサインのサイトシール