トップページNOSAIとは>>リスクマネジメント支援活動

リスクマネジメント支援活動

「損害を補償する」から「損害を防止する」へ

 農業共済制度は農業災害補償法に基づく「農業者が不慮の事故によって受けることのある損失を補填して農業経営の安定を図り、農業生産力の発展に資する」ことを目的としているが、病虫害など経営技術のあり方とも関わる事故も補償の対象としていることから、この補償機能を効果的に発揮させるために、NOSAIでは、損害の防止活動を重視し、病害虫防除の支援や家畜飼養相談など、農家のリスクマネジメントを積極的に支援してきました。

 たとえば、水稲では県の防除所と一体となって病害虫発生予察調査を行い、防除が必要か否かについての助言や、航空防除や地上防除等の共同防除に取り組んでいるNOSAIもあります。また、水田や畑、園芸施設内の土壌サンプルを採取し、土質・成分分析を行って営農の改善に向けて支援しているところも全国各地で見られます。
 家畜共済の分野では、NOSAI獣医師の診療へのコンピューター導入に加え、家畜診療巡回車を整備して、診療業務に加え、損害防止の観点から血液検査や飼料給与診断などに基づき、飼養管理などの指導を行っています。また、地域の青年や女性の交流の場作りや、パソコン教室、各種イベントの開催などのサービス活動も「幅広い損害防止活動」の一環として位置づけて積極的な取り組みを進めています。

各地での取り組み

事例:肥培管理情報
 NOSAIの中には、土壌診断に取り組み、分析結果及び土壌改良対策の現地説明会や講習会などを普及センター・JAと協力して行っている。また、分析結果をマップにするなどして、施肥管理の情報提供を行っている。

事例:病害虫情報
 NOSAI秋田やNOSAI新潟、NOSAI富山など多くの連合会で、県病虫害防除所と協力し、県内の組合等に病害虫発生調査員を配置している。調査結果をNOSAI(連合会)がコンピューター処理し、その結果を関係機関や組合等からファクシミリなどで農家に提供している。

事例:家畜共済関係

 全国のNOSAI獣医師は日常、乳牛、肉用牛、豚などの診療を行うとともに、各種の検査によって家畜の状態を把握し、検査データをコンピュータで分析し、個体にあった飼料の選択など農家の相談にのっている。
 また最近では、一戸当たりの飼養頭数が増加していることを踏まえ、個体ごとの損害防止に加え、牛群全体の健康管理から畜舎の衛生管理までを総合的に診断し、農家経営の生産性向上を図る支援をしています。
 その一例として、北海道をはじめ宮城、新潟、愛知、兵庫、岡山、鹿児島などのNOSAIでは、血液検査機器やコンピュータなどを搭載した家畜診療巡回車を導入し、農家の庭先で短時間に牛群の能力の分析評価を行い、乳質管理、飼料給与管理、繁殖管理、運動器病管理、健康管理などコンピューターによるデータ分析に基づいた営農技術への助言をしている。

農業経営に役立つ各種情報の提供

 今、NOSAIでは「農業共済ネットワーク化情報システム」を構築、NOSAIが保有している各種の情報の全国的なデータベース化を目指しています。これによって、一筆・一園地ごとの過去の災害・被害情報などのリスクデータを基に、生育・病虫害発生・気象情報などを活用することで、損害防止のための、一層きめの細かい営農支援が可能になります。

NOSAIが保有するデータ
 例えば、水稲共済では、全国約1500万筆の水稲作付け耕地に関し、筆ごとにその地名地番、面積、平年収量、作付け作物(品種)を管理しているほか、災害筆については災害名、収量(評価単収)などを保有。また、農家単位あるいは集落単位に過去20年の被害データ(被害率)なども固有のデータとして管理しているところもある。

 また、他の農業関係機関が有するさまざまなリスク関連情報等とも連携して、農業経営や集団営農に役立つ情報に加工して提供することも可能になります。
 このようにNOSAIでは「農業共済ネットワーク化情報システム」を軸に、農業経営に役立つ情報を提供するなど、地域の災害防止センターとしての役割を発揮し、一層信頼されるNOSAIを目指してその基盤整備に努めています。