トップページNOSAIとは>>NOSAI用語の説明

目次の下の用語をクリックしてください。解説が表示されます。

NOSAI用語の説明

用語目次

共済関係

 NOSAIと加入者との間で一定期間結ばれる共済に関する権利義務の関係です。共済関係の成立により、加入者は一定の約束の下に支払いを受ける権利を持つ一方で、共済掛金の払い込み、損害通知、異動通知、通常の肥培管理などの義務が生じます。


(用語目次に戻る)

一筆(いっぴつ)

 農道、けいはん、水路等によって区画された耕地のことをいいます。


(用語目次に戻る)

共済目的

 NOSAIの補償の対象となるものです。


(用語目次に戻る)

組合等

 農業共済組合または、共済事業を行う市町村のことをいいます。NOSAI組合等と呼称します。


(用語目次に戻る)

組合員等

 農業共済組合の組合員または、共済事業を行う市町村との間に共済関係のある農家のことをいいます。


(用語目次に戻る)

共済責任期間

 NOSAIの補償期間のことをいいます。


(用語目次に戻る)

共済価額

 共済事故発生に際して・加入者が被むることのある損害(被共済利益)の最高限度額を示したもので、一般損害保険会社で言う保険価額と同じ意味です。


(用語目次に戻る)

共済金額

 共済事故によって損害が生じたとき、NOSAIが支払う共済金の最高限度を示すもので、一般の損害保険会社で言う保険金額と同じ意味です。


(用語目次に戻る)

共済金

 加入者が損害を受けたときに、支払われるお金のことで、保険会社の保険金に相当するものです。


(用語目次に戻る)

共済掛金

 加入農家がNOSAIに納入すべき掛金のことで、一般に「共済掛金=共済金額×共済掛金率」により算出されます。建物・農機具共済以外の各種のNOSAI事業は共済掛金に対する国庫負担制度がありますので、実際の農家負担掛金は共済掛金国庫負担金を差し引いた額となります。


(用語目次に戻る)

共済掛金率

 加入者が負担すべき掛金を算出する基礎となるもので、過去一定年間における被害率をもとに定められています。一般に3年ごとに改定が行われます。


(用語目次に戻る)

基準収穫量

 その年の天候を平年並みとみなし、肥培管理なども普通並みに行われたものとして、通常期待し得る収量、つまり平年収量です。被害が全くなかった場合とか、過去において一番よく収穫された収量をいうのではありません。


(用語目次に戻る)

基準単収

 耕地10アール当たりの基準収穫量のことです。


(用語目次に戻る)

引受単収

 10アール当たりの引受収量のことです。


(用語目次に戻る)

引受収量

 農作物、畑作物共済において、基準収穫量の7割、8割または9割に相当する収量のことで、被害があったときに共済金を支払う際の共済減収量(共済で補償する減収量)の最高限度量に相当するものです。


(用語目次に戻る)

付保割合

 被共済利益に対して、共済に付する割合で、具体的には共済金額を共済価額で割った割合のことです。


(用語目次に戻る)

無事戻し

 加入者が過去の一定年間、支払共済金を受けなかった時、あるいは、支払いを受けても軽微な時は、その期間中に払い込んだ農家負担掛金の2分の1を限度に加入者に無事戻し金として返金する制度のことです。なお、この場合、その期間中に支払われた共済金、無事戻し金はさし引かれます。


(用語目次に戻る)

共済事故

 共済事故とは、NOSAIが共済金支払いの義務を負う事故で、発生が予期できず、避けることのできないいわゆる不慮の事故でなければなりません。
 例えば、農作物共済の共済事故は、風水害、干害、ひょう害、冷害、凍霜害、暖冬害、寒害、雪害、雨害湿潤害、冷湿害、土壌湿潤害、地震害、雷害、噴火の害、地すべりの害、その他気象上の原因による災害、病害、虫害、鳥害、獣害、および火災です。


(用語目次に戻る)

損害通知(水稲)

 農家が、冷害、風水害、病虫害などの被害を受けて、共済の対象となる損害が生じたと思われるときは、それらの耕地のすべてについて、災害の種類、発生年月日および発生した場所、その他災害の状況を組合に通知することになっています。損害通知には、被害の都度ごとに行う速報と、収穫期に行う定期報告とがあります。
 たとえば水稲の収穫期には、組合等が決めた時期までに、NOSAI部長などから「損害評価野帳」の用紙をもらって、必要な事項を書きこみ、NOSAI部長等を通じて組合等に提出します。
 申告された被害耕地については、現地評価が行われ(全相殺方式の場合にはすべての耕地)、その結果は「損害評価野帳」に書き込まれ、共済金支払いの基礎となる大事な資料になります。


(用語目次に戻る)

損害評価員

 損害が広がらないように、災害を未然に防ぐための指導や、公正な損害評価をするための研修会への参加、被害申告のあった圃場のすべてについて、悉皆調査(全筆調査)を行うなど、共済事業の要の役割を担っていただいています。集落ごとに、組合長または、市町村長により委嘱をされています。NOSAI部長等と兼ねていただいている場合も多く、農家と組合等を結んでNOSAI制度のお世話をしていただいております。


(用語目次に戻る)

損害評価会委員

 「損害評価会委員」は組合等と連合会両方に設置されていますが、組合等の損害評価会委員について説明します。組合等の評価会委員は地域内の損害評価の均衡調整をはかるため、評価地区(1から2日で評価を終えるために設立する評価地域の単位)ごとに、10筆以上の抜取調査を組合等の職員とともに行い、評価地区ごとの全筆調査結果がバランスがとれているかどうかについて調査します。
 なお、損害評価会委員で構成する損害評価会は、損害の防止、損害の認定等の重要事項を調査審議するための、組合等の諮問機関です。


(用語目次に戻る)

検見(水・陸稲)

 「検見」というのは毛見とも呼ばれ、主として組合等の悉皆調査で行われている評価方法で、収穫期に損害評価員が圃場の周辺および内部を見回り、品種、被害の種類・程度、肥培管理の状況、穂数、着粒数、稔実状況などを、肉眼や手の感触によって収穫量を見積もる方法です。
 評価に先だっては災害の種類、被害の程度、品種などを考慮して組合等で標準筆を設定し、これについて実測を行って検見と比べるなどして評価眼を統一し、技術の向上が図られています。


(用語目次に戻る)

共済金・保険金・再保険金

 NOSAI制度は、組合等、連合会、国という3段階の組織を通して、それぞれ支払い責任を分担しあっています。組合等を通して最終的に組合員等に支払われる補償金を共済金と呼んでおり、その過程で連合会から組合等に支払われる金額が保険金、国から連合会に支払われる金額が再保険金です。


(用語目次に戻る)